見出し画像

【渋谷ハロウィン工作生物ワークショップ】を実施しました!

みなさんこんにちは。秋も終わりが見えてきましたね。コートが必要な季節になりました。体調を崩さないよう気を付けてください。

イベント担当のMTです。


さて、先日グッドデザイン金賞を受賞した「工作生物 ゲズンロイド」ですが、10月19日にゲズンロイドをテーマにした渋谷ハロウィン工作生物ワークショップを開催いたしました。
ゲズンロイド開発者のクリエイター”ユーフラテス”の佐藤さん、山本さんにもご参加いただき、楽しくて面白い素敵なワークショップになりましたので、今回はその際の様子をお届けしようと思います。

ワークショップ概要

テーマ設定:「工作生物ゲズンロイド」を使い、”渋谷のハロウィン”をテーマにした新たな生物の制作に挑戦していただきました。
参加者:事前にSNSで応募いただいた参加者の方が約7日間の構想期間を経て企画したアイデアを、会場となるソニースクエア渋谷プロジェクトで制作し、審査員へプレゼンテーションします。
優秀作に選ばれた作品は、審査員であるユーフラテスのお二人が制作する「ゲズンロイド研究室」(YuoTube公式動画)に”新生物”として登場いたします。
この記事の最後に完成した映像をご紹介します。お楽しみに。

画像1

(ゲズンロイドのタイトル開発に携わったユーフラテスのお二人。向かって左:佐藤匡さん、右:山本晃士ロバートさん)

当日の様子

画像7

参加者のみなさんもやる気満々!真剣にゲズンロイド作成に取り組んでいただきました。

画像2

ゲズンロイド作成あたってのコツを、ユーフラテス・佐藤さんから直接伝授する場面も。『生き物らしさ=Animacy』を意識することでアイデアや発想にひと工夫することが大切なんです。

画像3

画像4

画像5

開発者からの直々のアドバイス。なかなかない機会だけに参加してくださった皆さんにも貴重な体験になったのではないでしょうか。

画像6

作品を作った後は、それぞれのプレゼンテーションタイムです。
自分で作ったオリジナルゲズンロイドの名前やコンセプト、工夫した点などを発表しました。

優秀作品に選ばれた生物は…?

それでは、ユーフラテスのお二人が気に入ってくださった生物3作品をご紹介です!

ホネホネ

①「ホネホネ」:上半身と下半身でうごきをわけたゲズンロイド。ストローでキューブをつなぐことでうごきを創り出しました!

マジョンとコウモロイド

②「コウモロイド」と「マジョン」:ゆかに置いてあるものを散らかしまくるゲズンロイド。「コウモロイド」と「マジョン」はライバルなんだとか…。邪魔された時の動作もかわいいです。

イルコロイド

③「イルコロイド」:海で泳いでいそうなゲズンロイド。首をふったり、曲がる方向に体を傾けたり、生物らしさにあふれたゲズンロイドです!

「新発見!ゲズンロイド最新レポート 特別版」

優秀作品に選ばれた3作品が登場する、ゲズンロイド最新レポート。ユーフラテスのお二人によってこんな素敵な動画に仕上がりました。

おわりに

今回は、Sony Square Shibuya(渋谷MODI)での”渋谷ハロウィン工作生物ワークショップ”の様子をお届けしました。
開発者との対話を通じて新生物を創造する和気あいあいとしたワークショップで、参加してくださった皆さんも自然と笑顔がこぼれていました。
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。

画像11

今後も、このようなワークショップの企画はtoio公式SNSでお知らせいたしますので、興味を持ってくださった方はぜひご参加ください。


この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう!
3
つくって、あそんで、ひらめいて。 手を動かしてあそぶ。考えながら夢中になる。偶然の発見が、もっともっと!を引き出していく。toio™(トイオ)は、 “ロボット × あそび”の 研究から生まれた、創意工夫を引き出すロボットトイです。 ■公式サイトはこちら→toio.io
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。